年齢やプランに左右される猫の保険の料金

猫の保険の料金と加入する年齢との関係

猫に対する保険に加入するなら、料金も支払う必要があります。その金額は、猫の年齢に左右されます。年齢が高くなるにつれて、支払う金額も高くなるからです。例えばある保険会社の場合は、4歳の時に加入すると毎月の金額は610円になります。ですが8歳の時に加入しますと、毎月860円になる訳です。そして1歳の時に加入するなら、毎月480円になります。ですから幼い時に加入すれば、支払う金額も低めになる訳です。そして金額を左右するのは、年齢だけではありません。

加入するプランによって金額は異なる

保険商品には、たいていは複数のプランがあります。どのプランで加入するかによって、金額も変わってきます。例えばある商品の場合、プランによって回数の制限が異なります。あるプランで加入しますと、万が一の時にお金が支払われるのは、年間2回に限られます。無制限な回数で補償金が支払われる訳ではありません。仮にそのプランをAとします。ところが別のプランBにしますと、特に回数の制限はありません。加入し続けている限りは、何回でも補償してもらう事ができます。またAというプランは手術の医療費のみ対象になりますが、Bは手術だけでなく通院も補償内容に含まれます。ですからAと比べると、Bの方が補償が充実している訳です。ところがBというプランで加入しますと、毎月の金額は若干高めになります。例えば5歳の時にプランAで加入しますと、毎月660円は支払う事になります。それにたいしてプランBですと、毎月920円になります。補償の内容が手厚くなれば、それだけ金額も高めになる訳です。

年払いの方が月払いよりも総額はお得になる

ところで加入し続けている時は、基本的には毎月1回のペースで料金を支払うことになります。いわゆる月払いという形で、毎月支払い続けていく訳です。ところが多くの会社では、年払いも可能です。1年分まとめて支払うこともでき、その方がお金を節約できる事も多いです。現に上述の会社と異なるところですと、3歳の時に加入する場合は毎月570円を支払い続けていく事になります。ただ570円になるのは、あくまでも月払いの時です。年払いにしますと、1年間で6500円になります。もちろん1ヶ月あたりの料金は542円前後になりますから、月払いよりは年払いの方がお得になる訳です。また8歳の時に加入しますと、月払いは毎月860円になりますが、年払いは月額換算で824円になります。その金額にメリットを感じて、月払いでなく年払いでお金を支払っている方も多いです。