幼い頃から病気を患っていても加入できるか

ペットの保険に加入する目的の1つは、万が一の重病です。重たい病気になれば治療費もかかりますし、病気によってはかなりの料金になる事もあります。しかし加入しておけば、補償が付く訳です。重たい病気になれば、猫も手術などを受ける事もあります。その際の通院費や入院費用などが支払われるので、加入を検討している方も多いです。ただし加入するには条件があって、基本的には健康でなければなりません。すでに病気の状態ですと、基本的には加入できないケースが多いです。審査落ちになってしまう訳です。持病もその1つです。幼い頃から患っている病気があれば、加入を断られてしまう事もあります。しかし、それも保険の商品次第です。商品によっては、たとえ幼い頃から患っている病気があっても、加入できるケースがあります。商品により、審査基準も異なる訳です。

病気があっても加入できる特約も

例えばある会社が提供している商品の場合、やや特殊な特約があります。特約ですから、それに加入する時には別途で料金の支払う事になります。しかしその特約には、上述の持病に関するメリットがあります。たとえ幼い頃から猫が病気を患っていても、その商品に加入する事はできるからです。ただし条件もあって、現在よりも病状が悪くなった時に、肝心の補償がおります。加入時と病状が全く変わっていない状態ですと、治療費などが支払われる訳ではありません。あくまでも病状が悪化した時に限り、それに加入できる訳です。ですが飼い主からすると、その条件があっても助かるという声も多いです。病気で万が一の事があると大変ですし、「たとえ別途で費用を支払う事になるとしても、加入する価値はある」と評価されている特約も多いです。

持病だけでなく他の病気も補償の対象になる

なお上述の特約でお金がおりるのは、何も持病が悪化した時だけではありません。別の病気を患った時でも、お金はおります。例えばある猫は、幼い頃から腎臓の調子があまり芳しくないとします。ですが特約があるので、ひとまず加入したとします。ところがある時に体調不良になり、腎臓でなく肝臓の調子が悪くなってしまいました。腎臓は肝臓とはあまり関係ありませんが、それでも肝心の治療費は支払われる訳です。1つの病気だけでなく、多彩な病気がカバーされます。それにメリットを感じて、加入を検討している方も少なくありません。ただ、具体的にどの病気に対して治療費が支払われるかは、商品によって異なります。幅広い病気が対象になるかどうかを基準に、保険を選んでいる方も少なくありません。

大切なペットに長く健康でいてもらいたいと願う方のために、優良6社の保険をご紹介します。 複数のペット保険の保険料・保険内容についてワンストップで調べることが出来ます。 当社の強みは保険の申し込みがしやすい点であり、資料の一括請求サービスも、インターネットで可能にしています。 私たちは、日本全国のペットのために、その飼い主様に、より良い保険商品をお知らせしたいとの思いでこのサイトを立ち上げました。 猫や犬、小動物の保険はVita